読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dushのブログ

雑記ブログです。

『春眠り世田谷』

映画

春眠り世田谷 [DVD]

春眠り世田谷 [DVD]


    2週間前にレンタルビデオ屋で借りてずっと放置してた作品。いや、何度か観ようと試みたものの15分程で寝落ちというのを繰り返していました(正直、冒頭が死ぬほどつまらない)。が、昨夜ようやく鑑賞できました。

  自主制作映画らしく、終始音楽もなくカメラワークも割と雑。たまにマイクらしき黒い物体が画面に映り込んでたりしてびっくりします。雑音とかも聞こえてた気がする。とにかくゆるい。ゆるすぎる。

  30歳を前にした主人公が、映画を撮りたいという理由で会社を辞めたものの、何も手付かずのままダラダラした毎日を過ごしている。挙げ句の果てには人は何のために生きるのか、という思考ループから抜けられない始末。そこからの展開もまたよくわからず、終わり方も非常にあっけない(ネタバレになるから書かないという訳じゃなく、上手く説明できない)。

  おもしろいかどうかと訊かれると正直おもしろくはなかったし、とにかく微妙な映画に出会ってしまったなぁという感じです。ただ、主人公に共感できる部分もありました。実際こういうモラトリアムな生活を送っていたこともあるし(…今でもかな?)、主人公のリアルなクズ感が自分を見ているようで「もうやめてくれ…。」ってなった。

  あと、これ、大森南朋ファンの女性的にはたまらん映画なんでしょうか…。私はファンでもないので、ただただ大森さん凄いなと。トイレでのあのシーン(書けない)なんてもう、「ほ、ほえー。」でしたよ。そしてあのしょうもない下品なダジャレを瞬間的に予測できてしまった(おそらく、この映画の最初に出てくるダジャレから大抵の人が予測できると思うのだけれど)自分をひっぱたいてやりたい。

  それにしても、製作者の山田英治という方。どんな人なんだろうと思って調べてみた。何かいろいろされてる方で尊敬。そしてなんと、【PV作品】にPOLYSICS『KAJA KAJA GOO』とあった。

  マジかーーー!!!

  超好きな曲だよ。そしてPOLYSICSのPVの中で一番好きかもしれない。ありがとう、山田英治さん!映画批判してすみません!他の映画も観ます!ありがトイス!!最高やね!!

  カジャカジャグ~~~~‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎

15th P(初回生産限定盤)(DVD付)

15th P(初回生産限定盤)(DVD付)