dushのブログ

雑記ブログです。

サカモト教授

  昨日と今日の二日間、京都市勧業館“みやこメッセ”で国内インディーゲームの祭典「BitSummit 4th(フォース)」が開催されていました。日本のインディーゲームを世界に発信することを目的として発足されたイベントで、今年でもう4回目だそうです。
  
  私は一昨年にサカモト教授のライブ目当てで行きました。インディーゲームの出展ブースには興味なしという無礼さ(ゲームマニアな方々がいっぱいでちょっと近寄りがたかったのです……。)。

  今年は任天堂も初参加だし、他にも豪華クリエイター陣の講演などもあり行きたかったのですが…一番のお目当てであるサカモト教授は昨日のオープニングアクトとして演奏されていて、私は仕事で行けなかったので諦めました。今日だったら行けたのに…両日ライブしてくれー!

  サカモト教授ゲーム音楽界で有名なミュージシャンなんですが、頭にファミコンを乗せていて、挿したカセットのゲーム曲をキーボードで演奏するという遊び心満載のスタイル。ライブでは観客にカセットを選ばせてくれます(カセットを挿す際はちゃんとフーフーしないといけない)。ファミコン世代にはたまらないです。一昨年のビットサミットではプーさんのぬいぐるみを持ってステージに登場し「ゲーム音楽界の羽生結弦サカモト教授です。」みたいなことを言ってました。とってもお茶目。ライブ後には販売ブースでお話しながら、購入したCDにサインをしてくださいました。別のライブで、キーボードに背を向けた状態で「ドラゴンクエスト4」の曲を演奏してくれたのが衝撃的でした。YouTubeにも動画をたくさんアップされてるのですが、特にMOTHERのピアノメドレーのアレンジが素晴らしすぎて…!演奏も表現豊かで、作品に対する思い入れが感じられます。

  ゲーム音楽のコピーだけじゃなく、オリジナル作品も出してらっしゃいます。

REBUILD

REBUILD


  これ、どの曲もめっちゃ良いんですけど、個人的に一番好きなのが『FLOWER feat.坂本美雨』。切ない歌詞と坂本美雨さんの綺麗な歌声が印象的で。CDを買った当初は何の先入観もなく聴いていたんですが、なんかのインタビューでサカモト教授がこの曲について「ドラゴンクエスト5で主人公が幼馴染(ビアンカ)か金持ちの娘(フローラ)のどちらと結婚するか選択を迫られるシーンがあって。金持ちの娘を選んだ場合の、幼馴染の気持ちを歌ってるんです。」とおっしゃっていて、なんとまぁ教授らしい作詞法だなと思いました。そんなの知ってしまったらまた聴き方が変わるじゃないですか。私も昔、ドラクエ5は何回もプレイしましたが毎回フローラを選んでたんです。そうするとビアンカは山奥の村で孤独に過ごすことになるんですが、幼い私は空気も読めずにその後のビアンカを見に行きまくっていました。もう、そっとしといてやってよ……っていう。ストーリーの流れ的にしっくりくるのは間違いなくビアンカなのに、あえてフローラを選ぶ(ゲーム的には有利とはいえ)ところが本当捻くれてるよね、と周りからはよく言われました。…話が逸れましたが、そのビアンカの気持ちを想像しながら改めてこのFLOWERという曲を聴いたらもう切なくて切なくて。サカモト教授すごい。

  東京では近々ワンマンライブをされるみたいです。グランドピアノ生演奏も聴けるそうなので行きたい…でも遠い…!また京都でもライブやってください。