読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dushのブログ

雑記ブログです。

『箱入り息子の恋』

映画

 

箱入り息子の恋

箱入り息子の恋

 

 

  恋愛経験なしの35歳童貞男・天雫健太郎(星野源)と盲目の女性・今井奈穂子(夏帆)の、不器用な恋愛を描いた作品です。

 

  2回目の鑑賞でした。公開当時観た時は、途中まですごくよかったのにラスト15分くらいのやり過ぎ感にちょっと引いてしまった記憶があったのですが…改めて観ると、健太郎の恋を応援する同僚女のセリフ「もっと無様でいいじゃん!」がこういう事なのかな?と思いました。

 

  あと、キャスティングが本当に素晴らしいです。主演のお二人だけでなくそれぞれの両親役もぴったりハマっていました。ペットのカエル君もいい演技(?)してます。

  音楽は高田漣さんが担当されていて映画の雰囲気に合っていたし、主題歌「熱の中」は細野晴臣さんが歌ってらっしゃるという最高さです。

  監督の市井昌秀さんに関しては全く知らなかったのですが、すごくユーモアセンスがある方だと思います(どの目線で言ってんだ)。作中、ツッコミどころは多いものの、ニヤリとしちゃうような場面がたくさんあります。

 

  観た方にしかわからない感想になってしまいますが、とにかく吉野家で牛丼食べて嗚咽シーンがたまらなくよかったです。奈穂子にとって、大好きな人(健太郎)との初デートで食べた思い出の味が吉野家の牛丼なんですよね。もう、なんだこれ!胸が苦しいわ!愛おしい!!(あと牛丼食べたい)

  このシーンだけでも、観てよかったと思える映画です。